2014年11月13日

Altyn ヘルメット



所有している"Altyn"ヘルメットについて纏めました。



Altyn「アルティン」とは?

「Altyn」と呼ばれるヘルメットの歴史は、製造元である「NiiStali」社と密接に関わっている。

1980年代初頭、チタン製ヘルメットを生産する手段を有していたのは、
スイスの「TiG」社とオーストリアの「Ulbrechts」社の2社だった。

TiG社製PSh-77ヘルメット


Ulbrechts社製ヘルメット


当時のKGBは、特殊部隊向けにそれぞれのヘルメットを購入し、実地試験のためAlfaに支給した。
1982〜83年頃、KGBによりPSh-77ヘルメットの検証データ等がNiiStali社へ渡り、同社はチタン製ヘルメット製造の為の工程を習得した。



1984年、NiiStali社により、「TiG」及び「Altyn」の生産体制が確立。
以後、AltynヘルメットはKGB所属特殊部隊に独占的に支給された。







この間、TiGヘルメットの基本型から、K6-3(GRAUインデックス:6B6-3)を生産。




Altynも他のヘルメットと同様に軽量化、ヘッドセットやインナーの仕様変更等、改良が繰り返される。




2000年代に入り、新世代のヘルメット(Rys-T)開発の為にAltynの生産は停止された。



私の所有しているAltynは初期型です。

NiiStali "Altyn"













参考画像




AltynとTiGの比較。
バイザーの形状以外でのTiGヘルメットとの違いはマイクとPTT付近にあります。



長年に渡り特殊部隊員に使用された「Altyn」は、
KGB/FSBの特殊部隊装備の中で最も伝説的な装具の一つといえます。



【参考サイト】
NiiStali
http://www.niistali.ru/
http://www.red-alliance.net/forum/index.php?topic=13446.0
http://zarodinu.net/index.php?Itemid=2&catid=7:2010-07-13-00-03-30&id=10:-qq---&option=com_content&view=article

【おまけ】
Altynの製造工程から生まれたNiiStali社製チタンヘルメット。

  


Posted by syavo  at 21:52Comments(4)FSB

2014年11月13日

TiG ヘルメット



ロシア連邦保安庁(FSB)所属特殊部隊が使用していた"TiG"ヘルメットを入手しました。
"Altyn"と並ぶFSB所属特殊部隊の代名詞とも言えるヘルメットです。
※現在はKiver-RSP、LShZ-2DTMやMICH含む西側製品等に更新されていますが、一部ではまだ使用例があるようです。



"TiG"ヘルメットとは?

スイス「Tig」社で作られた「PSh-77」(無線機対応のヘッドセット内蔵型)を参考に作られた「TiG」という名称のチタンヘルメット。

ロシア製「TiG」ヘルメットは1984年頃にNiiStali社によって製造された。

形状からも解る通り、「PSh-77」と「Altyn」の中間のようなモデルです。
PSh-77(スイス製)TiG(ソ連/ロシア製)Altyn(ソ連/ロシア製)と似たヘルメットが混在しているので非常に解りづらいと思います...(汗)


Tig社製"PSh-77"ヘルメット

【NATOストックナンバー】8470-12-197-5008
http://www.nsn-now.com/Indexing/ViewDetail.aspx?QString=8470121975008

参考画像



オリジナルのPSh-77ヘルメットにはグラスバイザーが存在しますが、コピーされたのはチタン製バイザータイプのみ。
また、PSh-77にはヘッドセットの内蔵されていないモデルも存在しますが、ロシア製TiGヘルメットには全てヘッドセットが内蔵されている。







Tig社はヘルメットだけでなく、アーマー等も製造しています。




現在、Tig社は耐爆スーツ等を製造する「Garant」社と合併し、社名こそ無くなりましたが、今も製品は作られているようです。



また、TiGヘルメットも他の製品同様に改良が繰り返されていたために、複数のバリエーションが存在します。





今回入手出来たのはOKB «OKTAVA»社製のヘッドセットが内蔵されている「後期型」。

NiiStali "TiG"







TiGヘルメットの特徴である切り欠きの入ったバイザー。






インナーはAltynの初期型と同じ仕様でした。


TiGヘルメット装備参考画像




次回は初期型Altynヘルメットを紹介します。

  


Posted by syavo  at 15:01Comments(1)FSB

2014年03月05日

LShZ-2DT ヘルメット



ロシア連邦保安庁特殊任務センター等で使用されているArmokom社"LShZ-2DT"ヘルメットを入手しました。

特殊任務センターからの放出品らしいです。


専用ヘルメットバッグ


前所有者のものと思われる名前が入っていたので隠してます。


バイザーの固定にはマイナスドライバーが必要です…。(締め付けないときっちり固定できません)



バイザーのラベル





LShZ-2DTM"Vulcan"は3段階の調整が出来ますが、LShZ-2DTは上げ下げのみ。



ヘルメットカバーが付属(ブラック、OD、ホワイト)




ヘッドセットも付属していますが、端子の関係で使用できません…。


バイザーカバー。レプリカと違って前面が補強されています。


LShZ-2DTM"Vulcan"レプリカとの比較


Armokom LShZ-2DT helmet


FSBでの使用例













FSKNでの使用例




【おまけ】

3年前…


現在


売ったら増えた…(謎)

  


Posted by syavo  at 00:01Comments(2)FSB