2014年11月25日

ロシア国内軍特殊部隊選抜試験 Part.1



今回はロシア国内軍特殊部隊の「選抜試験」に付いて纏めます。

※原文がロシア語ということもあって意訳が多数含まれています。あくまでも個人的なメモとして纏めていますので、予めご了承下さい。

【ロシア国内軍特殊部隊選抜試験】

国内軍特殊部隊の選抜は「適性試験」「認定試験」で行われる。

「適性試験」で基礎体力や精神力が試され、
適性試験に合格した候補者は「認定試験」に進み、戦闘技術等が試される。



そして、認定試験に合格して初めて国内軍特殊部隊員の資格「マルーンベレー」を得ることが出来る。

適性試験は認定試験の前に2〜3日間かけて行われ、認定試験は1日で行われる。




特殊部隊入隊候補者への必要条件

国内軍特殊部隊に入隊を希望する兵士は、戦闘任務遂行の為に健康体であること、高い道徳的及び心理的資質、責任ある行動が求められる。



候補者は持久力、強さ、素早さ、柔軟性と敏捷性の試験結果によって評価される。
評価は試験結果の獲得した得点によって決まる。

適性試験

【一次試験】持久力
12分間のランニング。
時間内に指定された走行距離(3000m)を走ること。



【二次試験】筋力、耐久力

「運動1」
しゃがみ姿勢から足を引いて腕立て、時間を置いてしゃがみ姿勢に戻る。これを10回繰り返す。



「運動2」※運動1の直後に行う。
(1)仰向けになり、両腕は後頭部で組む
(2)膝を曲げずに足を上げる
(3)つま先を頭の後ろの床に着ける(床に接触していない場合は失格となる)
足を戻す。この運動を10回繰り返す。



「運動3」※運動2の直後に行う。
拳立て伏せ。胸が地面に触れないように肘を曲げ、腕はまっすぐに立たせること。
この運動を10回繰り返す。



「運動4」※運動3の直後に行う。
両手を頭の後ろにして片膝を付き、足を伸ばした状態で飛び上がり、逆の膝を付く。
この運動を10回繰り返す。


運動1〜4は手順、回数共に完全に実行しなければならない。

【三次試験】腕力

懸垂。足が地面に触れてはならない。顎が棒よりも上に上がらなければカウントされない。
※ぶら下がったり、素早く行うことは不可。



【四次試験】脚力
10mを最短時間で10往復する。



【五次試験】柔軟性



「運動1」縦開脚
「運動2」横開脚
「運動3」踵と爪先を揃え、身体を折り曲げて(膝を曲げずに)腿に顔をあてる。そのまま10秒間姿勢を維持する。
「運動4」座った状態から上半身を反らして横になる。そのまま10秒間姿勢を維持する。

【六次試験】敏捷性

「運動1」2人1組で特定の動作を行う。7回繰り返し(2人分)
「運動2」前方宙返り、後方宙返りをそれぞれ7回行う。
「運動3」逆立ちで7メートルを1区間を歩かなければいけない。バランスを崩し足がついた場合、スタート地点からやり直しとなる。
「運動4」匍匐前進を10メートル行う。
「運動5」オリジナル仰臥位を3連続で行う。失敗した場合はやり直し。
100点からの減点方式で採点。

【最終試験】勇気
練習試合で自制心を測る。

ボクシング形式

「1対1」:1ラウンド 3分
「2対1(ベテラン隊員)」:1ラウンド 2分
休憩無しの5分間で行う。

全ての試験の合計得点が295点以上で合格となる。


後日、適性試験合格者は認定試験を受ける。

「Part2」へつづく...



次回は「認定試験」について纏めたいと思います。
いつになるかは解りません…(汗)




【参考サイト】
http://osn.bkb-vityaz.ru/otbor.php





同じカテゴリー(考察)の記事画像
ロシア連邦国家親衛軍
ロシア内務省(MVD)について
ロシア国内軍特殊部隊選抜試験 Part.2
ロシア国内軍と国内軍スペツナズ
ロシア内務省 特殊任務センター 航空隊及び即応部隊(TsSN SOR)
Politsiya 装備参考
同じカテゴリー(考察)の記事
 ロシア連邦国家親衛軍 (2016-11-16 19:36)
 ロシア内務省(MVD)について (2015-04-22 18:17)
 ロシア国内軍特殊部隊選抜試験 Part.2 (2014-11-26 22:06)
 ロシア国内軍と国内軍スペツナズ (2014-11-22 00:14)
 ロシア内務省 特殊任務センター 航空隊及び即応部隊(TsSN SOR) (2014-07-23 19:16)
 Politsiya 装備参考 (2014-02-06 22:10)

Posted by syavo  at 17:55 │Comments(2)考察

この記事へのコメント
「運動3」Необходимо пройти отрезок в семь метров на руках. Если тестируемый теряет равновесие и касается ногой пола, упражнение повторить сначала.(未翻訳)逆立ちで7メートルを1区間を歩かなければいけない。バランスを崩し足がついた場合、スタート地点からやり直しとなる。
「運動4」Проползти по-пластунски 10 метров. (未翻訳)匍匐前進を10メートル行う。

これであってると思います。
Posted by アルチョム at 2014年11月27日 15:47
アルチョム 様

ありがとうございます!
Posted by syavosyavo at 2014年11月27日 15:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。